エンジニアの転職について

エンジニアの転職について

ものづくり復権に必要なエンジニア

エンジニアの転職について
エンジニアとは、直訳すると技術者です。製パン技術者や製菓技術者といった食品分野や医療技術者もいますが、一般的には工業分野の技術者をエンジニアと言っていると思います。語源的には、エンジン関係のようにも見えますが、自動車産業はもちろんのこと、電気分野、電子分野、情報分野、土木分野など、工業の分野の存在するところにエンジニアが存在しています。エンジニアは、工場などで生産開発に携わりますが、科学者が、研究により新しい何かを開発するのに対して、それを応用して商品化をはじめ、一般の社会で使えるようにしていくのがエンジニアです。日本の高度経済成長期には、たくさんのエンジニアが活躍して、先進的な技術を開発し、世界的な企業を立ち上げたりしました。

グローバル化が進み、また発展途上国と呼ばれた国々が経済成長を遂げていき、日本の国力や経済力が絶対的に、相対的に低下しています。資源のない日本は特許権など知的財産で世界と勝負していかなければなりませんので、その意味ではエンジニアの養成が大事です。大学はもちろんのこと、高等専門学校でエンジニアの養成を行っています。高等専門学校生はまじめですし、ロボコンに代表されるようにチームワークもいいです。今後は高等専門学校生への需要が高まるのではないかと思います。

注目情報

Copyright (C)2018エンジニアの転職について.All rights reserved.