エンジニアの転職について

エンジニアの転職について

エンジニアとして成長するために

エンジニアの転職について
振り返ると、志望したエンジニアという仕事につけた時は大きな喜びを感じました。もう十数年前のことです。これからは大きな仕事をして、良い製品を世の中に発信するんだという熱い思いを胸に仕事に打ち込んでいました。しばらくすると、現実はそんなに甘くないということを知ります。業界として多忙を極めるばかりか、専門的な知識や経験がモノを言う世界であるため、当時の私のスキルではひっしにしがみついていることがやっとだったことを思い出します。諸先輩方は問題にぶつかっても難なく仕事をこなしていました。その姿に憧れるとともに、この上なく悔しい思いをしました。

私はこの悔しさを大きな原動力としました。先輩のようなエンジニアになりたいという憧れに近づくための原動力です。知識をつけて少しでも多く経験して自分の力とすれば確実に成長するはずだと思い、実務と同様にプライベートの時間を割いても勉強をし始めました。その勉強は全く苦にはなりませんでした。それは、少しでも自分の求めたエンジニア像に近づきたいからです。勉強をし、躓き、試行錯誤することで着実に成長していたと思います。エンジニアとして成長するためには、憧れに近づくための原動力が必要なのだと思います。

Copyright (C)2017エンジニアの転職について.All rights reserved.